社会人が予備校を利用して医学部に挑戦する

最初は独学で受験生時代の感覚を取り戻そうとした

医学部 予備校医学部予備校なら医学部受験対策のメデュカパス

社会人になってから医学部受験を思い立った | 最初は独学で受験生時代の感覚を取り戻そうとした | 短期間で結果を出すには専門家のサポートが不可欠

しかし医学部を受験するには、そこからさらに上のレベルが求められます。
地方の国立大学であればセンター試験で7割取れるレベルでも合格できますが、そこから上のレベルに達するのは独学では困難です。
社会人でも通うことが可能な予備校のサポートを受けることにしました。
センター試験で7割を取るレベルに達することは、独学で市販の教材を使用しても可能です。
実際に多くの受験生がセンター試験を受験しており、効果的な参考書や問題集が多数出版されています。
ただそこからさらに上のレベルに達するには、専門家のサポートが重要になります。
現役生は学校のサポートを受けることができるかもしれません。
しかし私のような社会人は、基本的に全てを自ら行なうことが必要です。
専門家のサポートを受けることができれば、効率的なカリキュラムを組んでもらうことができます。
またスケジュール管理も自分で行なう必要がありません。
独学者はたんに勉強をするだけでなく、学校や予備校など専門家が行なう部分の作業も自分で行なうのが基本です。
また独学者は現役生と異なり非常に孤独な環境で難関試験に挑む必要があります。
精神的・肉体的なコンディションをコントロールすることが求められます。
私も最初は独学で受験生時代の感覚を取り戻そうとしました。

掟24.けん化価とヨウ素価の定義は必ず覚えておくべし。
https://t.co/f7qRG0uLkI

— レクサス教育センター 有機化学のオキテ (@lexus_chemical) 2018年4月14日